結婚記念日にエタニティリングを贈って二度目のプロポーズをする

couple

大切な人に贈る指輪

リング

知っておきたい指輪

エタニティリングをご存知でしょうか、これは一般的にリングの全周に途切れることなく同じサイズ、同じカットのジュエリーを留めているデザインの指輪のことをいいます。とぎれることなく並んでいるために「永遠の愛の象徴」とされていて、結婚記念日などに夫から妻にプレゼントされることが多くなっているのです。指輪というのは結婚指輪や婚約指輪など特別な意味があるものが多く、最近ではエタニティリングもその中に加えられていて、10周年の結婚記念日などに利用されています。ブライダル専門店でも取り扱いが増えていて、婚約指輪、結婚指輪に続きエタニティリングを同じ店で購入するのもよく、合わせて使えるので需要性が高くなっています。

大切な人に贈りましょう

そういったことからエタニティリングというのは夫から妻にプレゼントされることが多いのですが、使いどころをしっかりと考えることが大切です。例えば毎回の誕生日やクリスマスなどのプレゼントにしては、永遠の愛が安っぽくなってしまいます。エタニティリング、永遠の愛の象徴となる指輪なので、やはり一般的な記念日ではなく特別な時にプレゼントすることがおすすめになってくるのです。愛情というのは言葉や態度で示すことはできますが、正しく伝わっているかは分からないものです。それゆえ時には目に見える形として表現するのがよく、そういった時に活用したい指輪となっています。愛する人に喜んでもらうため、日頃の感謝を伝えるために、贈りたいものになっています。