結婚記念日にエタニティリングを贈って二度目のプロポーズをする

couple

永遠の愛の象徴

woman

途切れぬ愛の象徴

婚約指輪や結婚指輪といったブライダルジュエリーのなかで、エタニティリングを選ぶ人が増えてきています。エタニティリングとは同じ大きさにカットされたダイヤモンドが一周ちりばめられているため、途切れることのない永遠の愛の象徴として多くの人に愛されているからです。さらに、エタニティリングの特徴としては、同じ大きさのダイヤモンドが一周していますので、どこから見てもシンプルな本物の輝きをしていることです。従来はダイヤモンドをそろえて購入するため高価なものになっていましたが、最近では各ブライダルジュエリーブランドが流通などに工夫をしているため手に入れやすい価格になっています。永遠の愛という意味から結婚10周年の記念の指輪にも用いられます。

最近の人気は

エタニティリングの身に付けておきたい知識はいくつかあります。まず、ダイヤモンドが一周しているため比較的高価になりがちですが、ハーフエタニティといって、ダイヤモンドを半周ちりばめたものでしたら価格が安くなっており、お手頃な価格で購入できる点です。ハーフエタニティですとサイズ直しも容易にできます。エタニティリングは、通常の結婚指輪と比べて強度が弱いといわれていましたが、最近ではダイヤモンドを納める爪の部分を工夫することによって耐久性も上がってきています。さらに、婚約指輪と結婚指輪を両方重ねづけする場合、片方をエタニティリングにすることでバランスよくつけられて人気です。そのため、最近では婚約指輪と結婚指輪のどちらかをエタニティリングにしたセットリングも売れています。